家族にブラックリストがいると自分も借りられない?

 
事情はどうあれ、もし自分の家族が借金返済に窮して返済不能になっていたとしたらどうなるでしょうか。

場合によっては債務整理をすることもあるでしょう。

 

この場合、信用情報機関では事故情報として登録をします。これが俗に言われるブラックリストです。

 

借金の返済が3か月から6か月滞ると、金融機関は債務を保証会社に移管します。消費者金融の場合は、別会社に債権を売却します。このような事態になると信用情報機関に登録されます。

 

この期間は金融機関によりマチマチで、厳しい金融機関の場合は2か月という場合もあります。つまり、2か月間支払が遅延すると一発でブラックリストの仲間入りということです。

 

遅延の期間が同じでも審査に通る場合もありますが、借りれる金額が少額までという事もあります。その後の利用状況を鑑みて更に判断すると思われますが増額はなかなか時間がかかることになります。

 

ブラックリストとして登録されると、ほとんどの金融機関が信用情報機関を利用しているので、審査の段階で門前払いになるためです。

 

しかし、自分の家族がブラックリスト入りしても自分は関係ありません。

 

信用情報は個人別の管理であり、家族ごとの管理ではないためです。

 

信用情報機関も自分の家族がブラックリスト入りしていても、その情報まではリンクさせていません。

 

そのため、家族のブラックリストを心配する必要はありませんが、もしブラックリスト入りした家族が自分に名義貸しをしてくれと頼んできたら要注意です。

 

家族とはいえ、一度ブラックリストになってしまった人なので借金の返済をまともにしない可能性があります。名義貸しをすることは白紙委任状を渡すようなものですから、結果はお判りでしょう。

 

下手をすると借金をしていない自分がブラックリストの仲間入りをしかねません。

 

ブラックリスト入りした家族が名義貸しを頼んできても絶対に応じてはいけません。

 

もし本当にお金に困っていて、その家族のために何かをしてあげたいとするなら、所持しているお金を貸してあげるか、もしくは自分が借りて貸してあげた上で自分に返済させることがベストの手段ではないでしょうか。