クラウドファンディングまたはソーシャルレンディングについて

 

最近よく聞くクラウドファンディングともうひとつソーシャルレンディングと言う言葉、どういった違いがあるのかはっきり答えられますか。

 

インターネットの普及で今までにない様々なサービスが増えてきていますが、その仕組みがあまりにも馴染みの無いものなので、ついて行けないと感じている方も多いのではないでしょうか。ネット上ではよく目にするけど、どんな仕組みのものなのかわからないという方に読んで欲しい内容です。

 

クラウドファンディングとソーシャルレンディングについて解説します。

 

・クラウドファンディングとは?

クラウドファンディングは不特定多数の人がインターネットを通じて、人や組織に財源を提供する事をいいます。

 

主には商品の開発の資金調達に協力するカタチになります。あらかじめ目標金額を提示しているものが多いですが、商品の紹介をネットの動画などで行っています。商品の紹介が良いと資金の集まるスピードと金額は予想を遥かに上回ることが多いです。

 

提供した人は提供した組織からサービス等や場合によっては配当を受けることが出来るのがクラウドファンディングです。

 

クラウドファンディングの別の呼び方をソーシャルファンディングといった呼び方をします。

 

株式を発行して、配当金や優待を受け取ると言ったイメージの個人版として理解すればわかりやすいかと思います。

 

・ソーシャルレンディングとは?

ソーシャルレンディングとは、ネット上でお金を借りたい人や企業を貸したい人と結びつけることを言います。

 

クラウドファンディングは投資型の形式が多いのに加え、ソーシャルレンディングは貸付型のイメージになります。

 

お金の貸し借りになりますので、一定期間後にお金が利子をつけて帰ってくるのがソーシャルレンディングの主な特徴です。

 

・同じように使っている人も

クラウドファンディングとソーシャルレンディングも分散化されており、似たような仕組みを持っていますので同じ意味合いで使う人もいますが本来は違う言葉です。

 

クラウドファンディングは投資型、ソーシャルレンディングは融資型と覚えるといいでしょう。

 

クラウドファンディング及びソーシャルレンディングはこれからの金融で流行りそうな資金調達、運用手段です。

 

機会があればクラウドファンディング、そしてソーシャルレンディングに挑戦してみてください。