旦那に内緒で借金をしたいけれど夫側の信用情報に載る?

 
自分の信用情報を取り寄せた経験はあるでしょうか。

・ 信用情報は過去の消費者金融やクレジットカードの実績がすべて載っています。5年間というのは解約日からのことであり、現在契約が続いているものについては載り続けます。

 

「信用情報機関」を紹介します。
CIC
JICC
問い合わせはスマホでも利用できて簡単です。手数料は1000円です。

 

・ いくつもの情報が載っており、解約済みのものについては自分でも覚えていないようなものまで含まれているのではないでしょうか、それらの情報を詳細に見ていただくとわかるのですが、他人の情報は一切載っていません。つまり、自分以外の情報が自分の信用情報に載ることは一切ありません。

 

・ 最近は専業主婦でもカードローンを借りることができると一部の銀行が大宣伝をしています。旦那さんの収入があるから大丈夫というわけですが、旦那さんが連帯保証人になっているわけではありません。

 

・ もちろん民法上で家計費の支出は夫婦が連帯責任と決まっていますが、奥さんの無駄遣いまで旦那さんが責任を持つことはありません。

 

・ つまり、専業主婦専用ローンを契約しても、その実績が旦那さんの信用情報に載ることはありません。

 

では、専業主婦専用ローンはどうして成立しているのでしょうか。

・ 専業主婦専用の銀行カードローンの利用限度額は、せいぜい30万円程度と決まっています。つまり民法上でいう「家事上の支出」の範囲内と判断されるレベルに留まっているのです。そのため、万が一奥さんが支払えなくなったとしても旦那さんに支払請求をすることが可能となっているわけです。

 

・ 銀行は返済の担保を取っているようなものなので安心ですが、肝心な旦那さんは自分の知らない間にカードローンの保証人にされたのと同じです。

 

・ それでも、信用情報と民放の連帯責任は別物なので、旦那さんの情報に奥さんが専業主婦向けのカードローンを契約した事績は載らないのです。

 

ちなみに、奥さんとしては働いていなくても30万円は借り入れが可能ということになりますが、パートなどで働いていたとしても配偶者控除の範囲内での働きになると思います。そうなるとどうしても103万円の壁と言われるように年収が100万円までとなります。例えばその稼ぎで消費者金融を借りたいとなると、総量規制の対象で年収の3分の1までの融資となり、およそ30万円程度の借入れとなります。銀行カードローンでの働いていなくても借りられる30万円の枠とほぼ同額ですね。

 

配偶者控除が見直される時期に来ています。もっと働きたいという主婦の方も多いようですが、一方で税金の事を考えると配偶者控除が無くなってしまうのは大変困るという夫婦の方もいらっしゃいます。それぞれの家庭の事情も異なります。難しい問題です。

 

さらには銀行カードローンでも条件の変更があるようです。今後に注目したいですね。