19年3月開始「ドコモレンディングプラットホーム」とは?「レンディングマネージャー」って何?

 

携帯電話会社のドコモが「ドコモレンディングプラットホーム」を2019年に開始するっていう噂です。

 

気になる「ドコモレンディングプラットホーム」、「レンディングマネージャー」について解説します。

 

・「ドコモレンディングプラットホーム」とは

実は金融業界は今、ITやAIなど最新の技術を使った新しいサービスを提供することにやっきになっています。

 

そんな中、ドコモが持つビックデータを金融機関と連携し、審査に役立て新しいサービスを作ろうという試みが「ドコモレンディングプラットホーム」です。

 

ビックデータというのは簡単に言えば、ただ大量の情報というだけでなく、企業向けの情報システム開発に必要なマーケティングデータということになります。

 

携帯電話を購入するにしても審査が必要ですが、それをAIが行うようにするには膨大な生きたデータが必要になってきます。

・「レンディングマネージャー」って何

「レンディングマネージャー」とは融資サービスを利用したいと思うスマートフォンアプリになります。

 

ドコモのスマートフォンを持っている人は、ドコモに住所、生年月日、勤務先などを登録しているので、アプリを使い何時でも簡単に融資審査に申し込むことが出来るようになります。

 

マネーフォワードと提携を行う事によって、返済計画のアドバイスもしてもらえて便利です。

 

・審査に通りやすいの?

従来の消費者金融では、審査は何処の会社も同じような質問でしか行われていませんでした。

 

新しい技術では何百と言う質問に答える事により、AIが総合的に審査を行うようです。

 

提携金融機関からの融資金利も従来の消費者金融を利用するより安くなるでしょう。

 

「ドコモレンディングプラットホーム」で借り入れは劇的に便利になりそうです。

 

サービスが開始されたら、「レンディングマネージャー」を使って申し込んでみてください。