キャッシング審査と初回限度額について

 
一体初回のキャッシングはいくら借りられるの?
プロミスで500万円、アコム800万円、モビット800万円というご利用限度額

 

「本当にそれだけの額の借入が出来るの?」と信じられないぐらい高額な限度額が載せられています。

 

一回でもキャッシングを使った事がある人は、分かっていると思いますがそれぐらいの額の融資を受ける事はほとんどありません。

 

限度額は「最も審査がいい条件で年収が超高額の人」の場合の最高の額が記載されているだけなので、ほとんどの人は数十万円が最初の融資額の限界額です。

 

実例としてアコムの時、平成26年10月から12月の平均値が142,000円です。アコムは割と審査通過の割合が高いキャッシングですので、その代わりに最初の融資額が少ないと言う特徴があるのですが、最初から100万円を上回る融資は現実的ではないと言えるでしょう。

 

それでは、キャッシング審査と初回貸付額についてどの様な関係があるのか?

キャッシングの最初の融資額の最高額は、 50万円
キャッシング審査のスコアリングの点数がいい場合には 、 90万円
キャッシング審査のスコアリングの点数が良くない場合には、 10万円

 

このような額が平均的な相場と言えます。

 

基本、銀行キャッシングも、保証会社は消費者金融ですので、その相場の変化が大きいと言う事はありません。

 

活用を行う時に、返済実績が積み上がると限度額をその都度増額して貰えるものです。

 

いまでは、大体のキャッシング審査はスコアリングシステムで、融資可能額もオートで算出が出来ますが、最後は決済者の人的な考えで最初の融資額が決まるのです。

 

スコアリングシステムが20万円と計算されても、それ以外の要因等を決済者が考えて「多めに融資しても問題なし。30万円にしよう」「危ないから10万円にしておこう」この様に微調整を行います。

 

初回貸付額を決めるのは「勤務形態」が大きい要因

初回貸付額を決める要因は多々あるのですが、その中でも最も影響力があるのは「勤務形態」なのです。

 

経営が安定し収入が安定できている公務員の時 は50万円の初回貸付額も心配がない場合が多く、属性や勤務年数に関係して90万円の最高額で融資を受ける事も出来ます。

 

しかし、日雇いの仕事や専業主婦やアルバイトの時等は10万円と言う最低限の基準が多いです。最初は10万円から返済実績を積んで貰う形の場合が大半です。

 

アルバイト、パートも、勤続年数が年単位ならば少し最初の貸付額が多くなる事もあるのです。

 

収入が安定していない自営業や会社経営者や個人事業主の時は、収入の額や帝国データバンクの掲載があるのかどうか、業歴が長いのかどうか等を総合的に考えられ、最初の貸付額が決まります。

 

収入が安定していない為、正社員より判断が低くなる場合もあります。

 

90万円が上限の理由

どうして、100万円じゃなくて90万円が上限になるのか?きりが良くないと思いますが 100万円を上回ると利息制限法があるので、金利は15パーセントまでしか設定する事が出来ません。

 

90万円ならば金利は18パーセントまで決める事が出来ます。

 

要するに、キャッシング会社から見ると10万円多めに融資して金利が3パーセント低くなるより、10万円減らしても18パーセントで融資する方がメリットが大きくなるのです。

 

比べる時に限度額を信じて数百万円も融資を受けられると考えるのは間違いです。

 

属性がいい場合も50万円が一般的です。

 

限度額を増やすには、初回貸付額で融資をうけて、返済実績を重ねて定期的に限度額を増やす申請をして少しずつ枠を増やすしかないのです。

 

返済実績が信じてもらえる方法と考えましょう。

 

増枠のタイミングは消費者金融側にあります。自分のタイミングではありません。自分から限度額を増やしたいと連絡をしてもほとんどの場合は今回は見送らせていただきますという回答になるでしょう。消費者金融から増枠の通知が来るのを待つしかありません。