配偶者貸付って何?総量規制の例外について

 

貸金業者に対して行われる総量規制に基づくと、収入がない専業主婦(主夫)は融資を利用することができません。

 

しかし主婦業に方は家計を維持することも多いですし、クレジットカードのキャッシング枠まで規制されるとなると色々と面倒なことが増えてきます。

 

そこで総量規制では一部の特例を設けて、総量規制の 1/3の計算に含めない例外を設定しています。

 

その中の一つ配偶者貸付です。配偶者貸付とは、収入がない、もしくは低い方であっても、家族の収入と合算して計算することができるという規定です。

 

例えば 年収0万円の専業主婦の妻と300万円の夫がいたとします。

 

この場合夫は総量規制で100万円まで、妻は借りることができないということになるのですが、配偶者貸付の規定を使うことで夫の100万円の枠に妻を含めることができます。

 

ただしこれは借金も同じように含めるので、例えば夫がすでに50万円借りているとしたら妻は50万円までしか借りることはできません 。

 

この配偶者貸付は特殊な書類が必要になりますが、夫が保証人になるといった類のものではありません。ですから消費者金融でも、大手消費者金融はだいたい配偶者貸付を受け付けていません。

 

配偶者貸付を受け付けているのは、中小消費者金融やクレジットカードのキャッシング枠などになっています。

 

この他の例外としては、金利低減を目的としたおまとめローンや急病など治療費としての借り入れ、社会的に必要と判断される範囲での貸付などが例外という扱いで年収の1/3以上の借り入れができるということになっています。

 

ちなみに銀行カードローンも総量規制の対象外ですが、銀行カードローンは年収の1/3の計算に含めません。

 

こちらの例外は、1/3の規定に入れつつ特例として1/3以上の借り入れができるというものです。