借金が返済できなくなったらどうすればよいの?

 
借金が返済できなくなることは誰でもあり得ます。
消費者金融などのカードローンは、毎月の定額返済額が借りた金額に比べると異常に低いです。そのため、普通に働いていれば返済が滞ることはありません。

・ しかし、カードローンの数が多くなったり、借りた金額が多くなったりすると毎月の返済額が増加します。そうするとさすがに返済するのは大変です。また、事情はともあれ、勤め先が倒産したりすると給与収入が止まります。

 

・ 給与収入が止まると、否応なしに支払ができなくなるため返済ができなくなります。将来、返済が再開できる見込みがあれば、消費者金融などと相談して善後策を協議すればいいのです。消費者金融もその間は返済額を最低限にするなどして貸倒にならないようにしてくれます。

 

・ しかし、そのような手立ても使えなければ、債務整理をするしかありません。もっとも、いきなり自己破産や個人再生を利用するのではなく、まず任意整理と呼ばれる比較的マイルドな手段を使います。

 

・ 任意整理は、消費者金融などと協議をして契約内容を変更する債務整理の方法です。たいてい、利息を全額免除することで、返済額を少なくします。

 

・ 任意整理は文字通りを法律の手続によらない方法なので、官報などに載る心配がありません。官報に載ってしまうと、デジタル官報で永遠に残ってしまうため、人生の汚点として残りづけます。とはいえ、任意整理で始末ができなければ、法的整理をしなければいけません。

 

・ 法的整理は元本を強制カットする方法であり、金融機関にダメージがあります。そもそも本来応じる必要のない任意整理に金融機関が応じるのは、法的整理をされるよりマシだという判断なのです。とはいえ、できる限り債務整理の方法をとることなく、おまとめローンなどで対処したいものです。

 

・ 借金が返済できなくなるという事態は本当に避けなければならない事です。返済できなくなっても、方法はいくつかあって「なんとかなる」事はあるかもしれませんが、その先にあるのは普通の生活が出来なくなるという事です。社会的信頼度は地に落ちます。最低でも5年間は銀行をはじめ、クレジットカードなど金融機関を利用する事はできません。もちろん消費者金融もです。かろうじて銀行口座を作れたり、家を借りれたりすることはできたとしても、ほとんど思うようにいかなくなる事は覚悟しておいたほうが良いでしょう。

 

・ 最低5年間というのは、ほとんどの金融機関が利用している「信用情報機関」に過去の履歴が残るのが5年間だからです。この「信用情報機関」ですが、銀行、クレジットカード会社、消費者金融や信販会社などほとんどの金融機関が個人のデータを照合する場所なんです。ここに問い合わせると、過去5年間の返済状況、金融トラブルの詳細。そして多重債務や自己破産などがデータとして残っているんです。さらには携帯会社への支払の遅れも履歴として残っています。

 

・ 信用情報機関にあるご自分の情報を確認することは可能です。過去に消費者金融やクレジットカードを利用したことがあるという方で、数回でも遅延した事がある方は、自分がブラックリストに乗っているか心配だと思います。「JICC」「CIC」で確認することが出来ます。手数料が1000円かかりますが、申込みをすればメールか手紙で確認することが可能です。