カードローン返済の遅延で催促の電話を無視するとどうなるのか?

 

カードローンの返済で遅延を起こした場合、こちらから連絡を入れておいたなどの例をのぞき、まず最初に「入金がない」「早めに振り込んで」と言った催促を行う電話がきます。

 

この電話をいつ行うかうなどは会社によって違いますが、暴力的な取り立てについては禁止となっているので暴言などがあることはありません。

 

この電話を無視した場合どうなるか?というと、一概にどうなるかとはいえません。

 

基本的に遅延を行った際の最初の取り立てとなることが多いので、この段階で対応すると多少の遅れを許してくれる場合があります。

 

対応というのは、返済が遅れた理由と、実際にいつなら払えるのかの具体的な日を伝えなければなりません。

 

逆に言えば無視をするというのは最初の取り立てを無視したとい宇事になるので、取り立ては次のステージに入ります。

 

内容としてはいろいろで郵送で請求書を送る会社のほか、消費者金融では無いことですが、保証会社や保証人などに問い合わせて返済を求める場合もあります。

 

また会社によっては自宅に訪問し取り立てを行う事もあると言われています。

 

それらも無視をしたという場合、裁判を行い資産や給与の差し押さえが行われます。

 

このよう催促の電話は取り立てにおいて一番最初の請求となるので、これを無視するともっと具体的な取り立てにはいることになります。

 

まず催促されるような状況にならないことは当然ですが、もしなってしまった場合は早い段階で返済ができるように企業や専門家に相談しましょう。

 

消費者金融の場合、基本的な流れとしては、返済日に振込がなかった場合は、最初に確認のメールが届きます。次に携帯電話に連絡が来ます。この時点で対応していれば問題ないですが、これを無視すると自宅への電話連絡、そして自宅への催促の郵便物。それでも対応がなかった場合は
職場への電話連絡となります。在籍確認の審査以外で勤務先に電話連絡があるのはこのときだけです。