在籍確認の電話で言い訳はどんなものがあるのでしょう?

 
消費者金融申込で最大の難所になるのが在籍確認の電話ではないでしょうか。
在籍確認の電話は、自分の職場に消費者金融などから電話がかかってきますから、周囲の目が気になります。相手のオペレーターも嫌われたり、問題になりうることは承知していますから、担当者個人名などで電話をしています。しかし、それでもバレてしまうことは少なくありません。

 

このような際にどのように言い訳するかが問題になります。

 

誰に対する言い訳かとか、自分の会社での仕事内容とかによって違いが生じるでしょう。

 

・ いつも自分が外部からのやり取りで電話を受けているなら問題はないでしょう。仕事の電話だと言えばいいはずです。しかし、問題は通常、自分のところに電話がない人の場合です。

 

・ この場合、知人が飲み会の用事で緊急で電話をしてきたとか、自宅から子供の様態が良くないと電話があったというような言い訳をするしかないでしょう。内線電話で他の部署から連絡があったと言ってもいいのではないでしょうか。

 

・ 不自然でなければやり過ごすことは可能です。とはいえ、いずれもちょっと厳しい言い訳ですし、周囲に人がいる場合は在籍確認の電話を避けることは難しいのではないでしょうか。

 

・ 大手消費者金融のプロミスは、申込みの際に在籍確認を健康保険証などの書面で行うことが可能です。SMBCモビットでも同様の申込方法が準備されていますし、アコムなどでは公式に表視されていませんが、電話確認の際に依頼すると応じてくれることが少なくありません。

 

・ 在籍確認のために下手な言い訳をして、社内の信用を落としてしまうより、このような大手消費者金融にカードローンなどの申込をすることで、悩みの種である職場への在籍確認の電話を回避することが可能になります。

 

・ あらかじめ職場の同僚にしておく言い訳として最も多く説得力のあるものとしてはクレジットカードの申込み確認の電話ではないでしょうか。クレジットカードなら社会人としては1枚だけでなく数枚持っている人も少なくありません。消費者金融側にもそのことは伝えておいても良いでしょう。

 

意外とバレる?職場への電話確認は誤魔化せない?

 

・ 職場にかけてくる消費者金融からの電話連絡は、意外とバレるという意見もあれば、バレないという意見もあります。上手く誤魔化せる職場だと良いのですが、会社と言っても様々な形態がありますので、可能であれば電話連絡なしでキャッシングが出来ると良いのですが。

 

・ 大企業になるとすべての社員を把握しているのは人事だけということになりますので、外部からの電話は人事に伝えられます。人事ではこういう電話は慣れています。金融業者からの電話だというのは経験上の勘でわかります。例え消費者金融側が配慮して担当者の個人名でかけてきたとしても、バレてしまっては元も子もありません。しかも人事を敵に回してはいけないと言います。消費者金融を利用しているというのは借金をしているという事が人事のデータに残ってしまうのは、後々良くない影響を残すのは避けたいところです。なので、大企業でしたら電話連絡なしをお願いすれば汲んでくれる可能性は高いと言えます。さらには勤続年数も好影響ありますので、自信があってもなくても電話連絡なしを相談してみても良いのではないでしょうか。それをお願いしたからといって審査に悪影響を与える事はありません。