分かりやすいJICC(日本信用情報機構)のファイルM・D、照会記録開示書の見方

 

JICC(日本信用情報機構)で照会記録開示書を貰ったけど、見方が良くわからないと言う人は多いと思います。

 

分かりやすいJICC(日本信用情報機構)のファイルM・D、照会記録開示書について解説します。

 

・ファイルDとファイルMの違い

ファイルDとファイルMの照会記録開示書の違いは、ファイルDは消費者金融からの借金などの借入情報を記録している照会記録開示書、ファイルMはクレジットカードなどでショッピングを行った時に記録されている照会記録開示書になります。

 

総量規制を守る為、総量規制に関係する情報はファイルD、その他の情報はファイルMに表示されるようにまとめられています。

 

・たくさん情報があるが、チェックするのは『異動参考情報』

ファイルD、ファイルMともにたくさん情報があり、どれを見ればいいのかわからなくなると思いますが、チェックするべきは自身が延滞をしていないかが重要になります。

 

延滞をしている債券がある場合は、『異動参考情報』に延滞の文字と発生年月が記入されます。

 

これがJICCのいわゆるブラックリストに載った状態とされ、この情報が記録されている限りは中々金融機関の審査に通りません。

 

JICCの延滞情報が消えるのは、5年程度の年月がかかります。

 

・延滞したらすぐ異動情報に記録されるわけではない

例えば銀行口座にお金を残していなくて、引き落ち不足で数日間返済が滞った事が人によってはあると思います。

 

そんな時JICCの異動情報に直ぐ記録されるのかと言うと、延滞情報は延滞開始から3か月程度入金が無い状態で記入されます。

 

放置はいけませんので延滞がわかった時点で早めに入金をするようにして下さい。

 

JICCは元々消費者金融の資本で作られた信用情報機関ですから、消費者金融からの借り入れが非常に把握しやすくなっています。

 

細かく読んでも面白いので、是非熟読してみるといいでしょう。