自営業や個人事業主の在籍確認審査はどう行われる?

 

カードローンの審査では、信用情報の確認など以外に勤務先に電話で確認をする在籍確認の審査を行います。

 

これは自営業や個人事業主の場合でも同じです。

 

そもそも在籍確認とは申し込みをした際に申請した会社に本当に在籍しているかを確認するための手続きです。

 

実際の手続きとしては、勤め先に直接電話を行い申し込みされたお客様が現在も在籍しているかを確認します。

 

過去に在籍していたり、離職したばかりでも書類があれば申し込みが可能なので、それを防ぐために今現在の状況を知るために直接電話での確認を行っています。

 

この際には「カードローンやキャッシングの借り入れのために行う」といったことは会社に伝えませんし、企業名なども公開せずに電話をしてくる担当者の個人名で電話をします。

 

この在籍確認は基本的にどのような場合でも行います。ですから個人事業主や自営業といった勤め人でなくても行うことになっていることが多いです。

 

ただどのように在籍確認を行うのかは企業によって異なります。

 

自営業など自宅兼事務所の場合について

 

自営業の方であれば事務所や店舗に電話を行うことがありますし、もし自宅兼事務所という場合は自宅に対して電話をかけるということが多いようです。

 

また取引の際には携帯を主に使うので固定電話を設置していない、という場合は携帯電話に電話をする形で在籍確認を行うことがあります。

 

こういった電話連絡だけでは不十分という場合は、追加で書類の提出を求められることもあるようです。

 

どのような場合でも電話連絡は担当者の個人名でかかってくるのでもし家族や従業員などが電話をとったとしてもカードローンの利用がばれることはありません。

 

逆にそういった気遣いは必要ない、むしろ名前を出してもらったほうがよいという場合は申込の際にその旨を企業に伝えておきましょう。

 

誰かよくわからない人物から電話がかかってきて誤解されるよりは融資の件で電話を掛けてもらったといえるほうが良い場合もあるようです。