勤め先確認の電話連絡がかかってくるのが不安な方・・・

 
キャッシングを利用する際には、何かと自宅や会社への電話連絡が増えます。

・ 申込内容の確認に加えて、審査に関わる連絡もあります。しかし最近では、会社への連絡なしをうたっているキャッシングサービスも増えています。申込人にとっては有難いことですが、金融機関としてはやはり多少のリスクがあります。そのため電話連絡に代わる何かを行っている場合がほとんどです。

 

・ 表面上は連絡なしと言われていても、実質的にはきちんと同等の審査が行われているのです。キャッシングを行う金融機関は多数ありますが、商品内容としては共通している部分やほぼ同じ部分も少なからずあります。多過ぎる商品で飽和状態と言っても過言ではありません。

 

・ 商品性が同じなら、利用者は何を見て選択すればいいのか考えると、やはり会社への連絡有無といった細かいポイントが重要になってきます。最低限のキャッシング機能だけでなく、細かいところまで利用者の立場に立って考えることで、より多くの人が利用したくなる商品が出来上がっていくのです。

 

・ どんなにサービスが充実していっても審査に重要な在籍確認はなくなりません。ただ、電話連絡に変わる方法で大丈夫になってきたからですが、代替案としての書類が提示できない方は、電話で在籍確認を確かめるしかないのです。申込み時に記入した勤務先の情報に虚偽の報告がないかを確かめるのは非常に大事なことです。返済が継続できないのはとにかく問題なので、会社に努めていることを証明できる書類が用意できないのであれば、電話を受け入れるしかないでしょう。

 

・ 働いている方は問題ありません。在籍確認の電話連絡をされて困るという方の中には、会社を辞めたばかりという方もいらっしゃます。先月辞めたばかりで、最後の給与が振り込まれていないからギリギリ消費者金融に申し込みが可能だと考えてしまうかもしれませんが、無職には変わりありません。会社を辞める前に申込めばまだ良かったかもしれません。会社を辞めた後は確実にお金が足りなくなると想像できたら、まだ在籍している時期に申込んで、実際に借り入れをするのはまだ後でも良かったのですが。

 

・ 確認のための電話連絡を受けるといっても、大手の消費者金融でしたら、お客様のプライバシーにはしっかりと配慮してくれますので、消費者金融を名乗って電話をしてくることは決してありません。担当オペレーターの個人名でかけてきます。

 

・ 消費者金融でも大手のしっかりしたところだと、お客様の個人情報を扱うのでプライバシーはとても重視してくれます。やはり銀行と関連しているところはちゃんとしてますね。電話の対応はもちろん、サービスも細かいところまで充実していますし、なにより、申込みのお客様が、周囲に内緒にしてキャッシングをしたいということを伝えれば、自宅や勤務先に郵便物なしのサービスであったり、職場への電話連絡をできるだけない方向に相談に乗ってくれるようにしてくれるので助かりますね。