カードローン審査は持ち家が有利になるの?居住年数の影響もある?

 

カードローンの審査は賃貸と比較して持ち家の方が有利になるのでしょうか。

 

居住年数も引っ越したばかりで極端に短いとなると、あまりいい影響を与えないと言われています。カードローンを利用する上で持ち家と賃貸ではどんな判断をされてしまうのでしょうか。

 

カードローンの持ち家と居住年数について解説します。

 

・どちらもスコアリング審査に影響あり

カードローン審査では最初にあなたの申込内容を点数化して審査を行います。

 

その点数付けは持ち家の方が賃貸よりも、居住年数が長い人の方が短い人よりも高くなります。

 

年収や勤続年数などの仕事の内容も評価の対象ですが、居住事情も家族構成も審査には影響してきます。

 

・何故持ち家と居住年数が長い人が優遇されるのか

持ち家の人が優遇される理由は、家賃などを払う必要がないぶん支払いに多くお金をまわせると思われているためです。

 

持ち家だとしても住宅ローンを支払い続けるという方は多いと思います。ですが、賃貸料と比較しても住宅ローンは割安になっていることが多いです。

 

加えて持ち家の人は引っ越しが難しく、支払いができなくなった際に、一家全員で消息不明になるリスクもありません。

 

居住年数が長い人もその土地に長く住んでいるのですから、夜逃げ等の確率が下がるためです。

 

長い間の顧客データから、持ち家と居住年数が長い人はスコアリング審査の点数が良くなります。

 

・スコアリング審査はトータルで見る

持ち家じゃなく、居住年数が短いのでスコアリング審査に通らなくなるのかとその様なことはありません。

 

持ち家でなく、居住年数が短くても仕事が正社員で安定しているなどの理由で審査に通ります。

 

スコアリング審査は多岐にわたり、トータルであなたの合否が決まりますので、一部が悪くても過度に心配する必要は無いのです。

 

持ち家、居住年数の長さはあくまであれば望ましいといった程度です。勤務先の規模や勤続年数の方が審査においては重視されます。

 

心配せずに申し込む様にしてください。

 

とはいえ、場合によっては住宅ローンを毎月どれくらい支払っているのかも関係してきます。また賃貸ですとその家賃も影響することもあります。どちらにしても月々の支払いに余裕が無いと、返済が滞る可能性も考えられるからです。