キャッシングは身分証なしでも借りれるの?

 

キャッシングやキャッシングやカードローンを利用するためには、免許証やパスポートなどの「身分証明書」の提出を求められます。

 

しかし、中には「身分証明書がない・・・」という方もいるようです。このような場合でも、キャッシングやカードローンの利用はできるのでしょうか?

 

■身分証明書がなくてもキャッシングやカードローンの利用はできるか?

結論からいいますと、身分証明書ない場合はキャッシングやカードローンの利用はできません。

 

どのカードローン会社でも、ほぼ100%身分証明書の提出を求められます。

 

一部の地方銀行では口座があれば、身分証明書不要というところもありますがそれは少数派です。

 

従って、身分証明書は必ず必要になると思って間違いありません。

 

■なぜ身分証明書が必要になるのか?

キャッシングやカードローンはあなた個人と契約してお金を貸す商品です。

 

そのため、あなたがどこの誰なのかを証明できる書類が必須になってくるのです。

 

もし、身分証明書の提出を求めないといくらでも成済ましが通用してしまうことになります。

 

こうした理由から、身分証明書の提出が必要になってくるのです。

 

さらには、勤務先を示す証明書も重要です。身分証明書の中でも勤務先名の表記されているものは審査においてとても重要です。

 

勤務先名のある証明書類は在籍確認の審査でも有効なのであらかじめ用意しておくのも良いでしょう。

 

■身分証明書として有効なものは?

身分証明書として有効なものは各社によっても違いますが、おもに以下のようなものが有効となります。
運転免許証
健康保険証
パスポート
学生証
マイナンバーカード
免許証や健康保険証、パスポート以外にも学生証やマイナンバーカードでもOKとするカードローン会社も多いです。

 

■まとめ

キャッシングやカードローンを利用するためには身分証明書が必須です。

 

身分証明書がない場合は、残念ですが利用ができません。ただし、身分証明書として有効なものは多いため、どれかは提出できるかと思います。

 

そのため、身分証明書がないからといって、悲観的になる必要はありません。