ギャンブルでの借金、カードローン・キャッシング利用は絶対NG!

 

カードローン・キャッシング利用でギャンブルをしてはいけないという話をよく聞きます。

 

パチンコ・パチスロ・競馬などのギャンブル軍資金をカードローン・キャッシング利用で調達するのは良くない方法です。決しておすすめできません。

 

何故カードローン・キャッシングのギャンブル軍資金利用がダメなのかについて解説します。

 

・カードローン・キャッシング利用がダメな理由@競馬の胴元の取り分は15%位

カードローン、キャッシングでお金を借りると、年率18%程度のコストがかかります。

 

1ヶ月に直しますと、1.5%です。

 

一方で競馬の控除率は15%とされています。

 

仮に100万円のお金を1ヶ月借りると、金利の支払い分だけで期待値は98.5%になります。

 

更に競馬のレースに賭けると、期待値は98.5%×85%=83.725%まで落ちます。

 

もしあなたが平均的な競馬の予想が出来たとして、既に100万円の期待値は83.725万円まで下がっているのです。

 

続けて賭けたお金を他のレースに更に賭ければ、期待値は更に下がります。

 

・カードローン・キャッシング利用がダメな理由Aパチンコ・パチスロの胴元の取り分も15%位

パチンコ、パチスロはもっと悲惨です。

 

パチンコ・パチスロの胴元の取り分も15%位になります。

 

ただし、パチンコ・パチスロは競馬と違って毎日営業している点に違いがあるのです。

 

毎日行けば、真綿で締められるように借金が膨らんでいくでしょう。

 

競馬では大穴による一発逆転があり得ますが、パチンコ・パチスロでは一発逆転は存在しません。

 

そうなると容易に想像ができるのが多重債務です。借りれる範囲で次々に借金を重ねていきます。

 

まともな消費者金融では3件目、4件目ともなると申し込みブラックとなり、新規借り入れができなくなると、名もない金融業者に手を出すことになってしまい、そうなるとどうやっても自己破産しか残された道はなくなるでしょう。

 

おまとめローンでは救えない状態までなってしまうとお終いです。

・金利を払ってギャンブルはしない方がいい

結論として、金利を払ってギャンブルをしても、期待値が圧倒的に低くなるだけですから行わない方がいいでしょう。

 

賭けたお金を取り戻そうとして、カードローン・キャッシングで借金をすることを考えているのであれば考え直してください。

 

はっきり言って、期待値的に既に取り返す事は不可能です。

 

またカードローンの返済のためにギャンブルをするのもナンセンスです。運に任せて返済計画を立てるのはやめましょう。

 

カードローン・キャッシングでギャンブルはやめましょう。

 

競馬もパチンコ・パチスロもどれもダメです。

 

ギャンブルは余裕資金の範囲内で行うようにしてください。