税金滞納していてもビジネスローンで納税資金にできる?

 

税金滞納していてもビジネスローンに申し込めば使えるのでしょうか?

 

あんまり金融機関と税金滞納は関係ない気がすると考えている方もいらっしゃるかもしれません。

 

例えば、税金の支払いができていないという状況で、それを埋めるために金融業者などでビジネスローンを利用できたら良いかもしれないという考え方もあるかもしれません。。

 

では、税金滞納時のビジネスローンについて解説します。

 

・税金滞納時は銀行からのビジネスローンは厳しい

税金滞納をしている場合、銀行側に税務署から銀行口座にお金が残っていないか照会が行くことがあります。

 

言うならば差し押さえの前段階ですね、この状態ですと、税金滞納していることを銀行側は知る事になりますので、ビジネスカードローン審査に申し込んでも中々通らなくなります。

 

税金滞納時は銀行勢との取引が厳しくなると覚えましょう。

 

・ノンバンクは融資の可能性があり

ノンバンクの場合、特に税金滞納のデータが流れてきませんので融資を行ってくれる可能性が高くなります。

 

審査も銀行からのビジネスローンよりハードルは低くなるので、使い勝手はかなりいいです。

 

大手消費者金融でもビジネスローンサービスを行っていますので、税金滞納時は大手消費者金融のビジネスローンを利用してみるといいでしょう。

 

ちなみにノンバンクは、銀行とは異なる金融機関で、総量規制がありますし、金利が高いという点があることを考えると消費者金融と大差はありません。

・ビジネスローンは税金滞納に使える

ビジネスローンからの借入は、事業資金になりますので税金滞納に使う事が可能です。

 

税金滞納は銀行取引に支障をきたしますので、早めに解消するようにしてください。

 

税金滞納を行っている事自体、商売がうまく行っていない事になっているわけですから、商売に陰りが出てきます。

 

税金滞納時でも使えるビジネスローンは沢山ありますので、利用してみるようにしてください。

 

まずは税金の支払いを優先するために、融資してくれるところを見つけるのが最優先ではないでしょうか。