カードローン審査-やっかいな在籍確認の電話を乗り切ろう!

借り入れ申し込みをすると、色々な審査を行われます。

過去の利用状況や他社借り入れ件数などの借金残額、勤続年数、年収などなど・・・。

 

・ 色々なデータから点数のようなものを割り出して、融資実行されるかどうか審査が行われます。
その中で、周囲にバレてしまうかも?という不安があるのが、勤務先に電話がくる在籍確認の電話審査になります。

 

・ これは、消費者金融の名前は出ませんが、個人名でかかってくるなんだから怪しい電話なので、勘がいい同僚などに怪しまれる可能性もなくはないので、できれば回避したい方が多いようです。
この審査は、必須ではありますが電話ではなく書類で代替できます。

消費者金融の審査って甘いの?厳しいの?

審査が甘いといわれることもあるようですが、はっきり簡単にいえば、銀行より甘いけれど、ブラックなどの経歴や無職の方からみれば厳しい、となるのでしょうか。

 

・ よくヤミ金などは審査が甘いと謳い、無職の方に融資しているようですが、これは高利貸しの証拠なので、やめたほうがいいです。

大手の有名な消費者金融は利息制限法にのっとった法律内での貸し出しをしてるので、審査は普通にやっています。甘いか厳しいか主観になります。

 

・ きちんと働いて生活できている方には、審査は甘いと感じられるくらいかもしれません。

 

消費者金融の審査〜流れのおさらい

大手消費者金融会社をはじめ各消費者金融会社には独自の審査基準というものをそれぞれもっています。

・ 消費者金融を利用するには各消費者金融会社の審査基準をクリアしなくてはなりません。
これはテストの基準点のようなもの。多少の違いありますが主に基準となるのが申し込み者の年収や勤続年数、年収、年齢、他社の借入件数などです。

 

・ さらに信用情報などからも審査され、トータルして審査に通る合格点かどうかを判断し、結果となって出てきます。
その審査基準に合格し通過した後に最後に審査されるのが勤務先に電話をかける在籍確認です。無事に在籍確認を通過し、手続き完了後に融資となります。

 

・ まず消費者金融会社を申し込む際は、各会社によって審査基準が違いますので、一度にいくつもの申し込みをするのではなく1件ずつ結果を待ってから次を申し込むようにしましょう。

 

・ 大手消費者金融会社でも審査が比較的甘めの会社などを比較サイトなどで調べてみるのも良い参考となります。

 

・ 1度に何社も申し込んでしまうと、申し込みブラックとなってしまう可能性があり、申し込みブラックとなると半年はどの消費者金融にも申し込みができなくなってしまいます。注意しましょう。これは、実際に「多重申込」といって信用情報機関に履歴が残ります。新規での申し込みがあった場合、申込みをされたお客さんに「多重申込」の有無を照会するようになっています。これも審査の重要なひとつです。履歴が残るのが6ヶ月間なので、もし別の金融機関に新規に申込みをしたい場合はそれを超える頃に申しみましょう。手数料はかかりますが調べる方法はあります。

 

同時に信用情報機関では過去の金融業者の利用、または返済の履歴も残っていますので、そこに照会して過去に金融ドラブルが無かったかを確かめることになっています。電話連絡の審査と同様に自己申告では隠せない審査となります。