カードローンやキャッシングの審査では職業はどう影響する?

 

キャッシングやカードローンの審査に大きく関わっているのが職業です。

 

職業には様々な種類がありますが、審査に有利となる職業があるのでしょうか?逆に振りになるような職業というのはなんでしょうか?それが予めわかっていると審査に通るための対策が取れるのではないでしょうか・

 

どんな職業だと審査に有利になるかもしくは振りになるのか、知りたい方は次をご覧下さい。

 

○ 社会的に信用の高い職業

社会的に信用の高い職業に就いている方ほど、キャッシングやカードローンの審査に有利となります。

 

審査では、安定した収入を得ているかどうか見ることが多いです。

 

公務員は安定した職業のため、特に審査に有利となるでしょう。

 

その他にも医師や弁護士など、高い収入を得やすい職業も審査時の評価が高くなります。

 

○ 企業の正社員

公務員や医師、弁護士の次に高評価を得やすいのが、大企業の正社員です。

 

大企業であれば、倒産する可能性は低いことでしょう。

 

中小企業の正社員は、大企業の正社員と比べると、少し評価が落ちることが多いです。

 

○ 契約社員や派遣社員、パートやアルバイトは?

契約社員や派遣社員、パートやアルバイトだと、中小企業の正社員より評価が落ちます。

 

それは収入が不安定になりやすいからです。

 

学生や主婦の方も、バートやアルバイトほどの評価となることが多いです。

 

無職の方は、キャッシングやカードローンの審査通過は期待できないでしょう。

 

○ まとめ

キャッシングやカードローンの審査に有利な職業をまとめると、次のような順番になります。

 

「公務員≧医師や弁護士>大企業の正社員>中小企業の正社員>契約社員や派遣社員=パートやアルバイト>無職」

 

フリーターの方も収入が不安定になりやすいため、審査が厳しくなるでしょう。