収入証明書がなくても借りれる消費者金融はある?

 
消費者金融にはじめて申込むという方は、本人確認の書類を用意すれば良いと思ってしまいます。
ですが、それは状況によって違ってきます。希望限度額だったり、または他社からすでに借りている場合や過去に借りた履歴があった場合もです。

本人確認の書類とは何でしょうか?それは免許証や健康保険証、またはパスポート等、身分証明書と言われるものになります。ほとんどの金融機関を利用するならこれらは必ず用意しなければなりません。

 

では、それら以外に何を用意しなければならないのでしょうか?
収入証明書です。種類は源泉徴収票、確定申告書、給与明細書になります。
本人確認の書類と違ってすぐに用意できるものではないですし、もしかしたら使用目的を明確にしなければならない場合もあります。

 

なぜ、収入証明書が必要なのでしょうか?
本人が確認できる身分証明書だけでは不十分と思われる要因は、お金を貸す上で大事とされることで、ほとんどの金融機関では申込者の返済能力を重要視しています。
収入がどれくらいあるのか、その収入から毎月幾らずつ返済可能なのか?という部分が重要です。少額の借入れでは、まだそれほど収入の額は重要ではありませんが、50万円を超える高額の融資になると、返済方法が問題になってきます。月々の負担を大きくするか、もしくは返済期間を長くするか。どちらにしても返済能力が問われます。それにはやはり収入の詳細が必要になってきます。

 

そのために、嘘のない収入の証明が必要になります。例えば、在籍確認で職場は把握しているとしても、年収が幾らなのかはそれだけではわかりません。かといって在籍確認の電話をした時に、同じ職場の方に申込者の年収を聞く訳にはいきません。そんなことをしてしまえば、第三者に個人情報をバラしてしまうことになってしまいます。なので収入証明書は必要なんです。

 

さらに、賃金法改正により、貸しすぎや借りすぎを防ぐための策として消費者金融の申込時には収入証明書を提示することが義務化されたんです。

 

収入証明書が不要になる場合があります!
勤務先や区役所で申請しないともらいえない証明書です。

周囲に内緒で消費者金融を利用したいと思っている方などは、できれば収入証明書なしで申込むことが出来ないかと考えます。

収入証明書は、借入れ希望限度額が50万円以内、であれば不要です。
また、他社からすでに借り入れがある場合は、限度額合わせて100万円以内であれば、提示の必要はありません。

できれば知られずに利用したいですからね。少額の借入れなら、本人確認の証明書類のみでも可能ということです。

 

収入証明書は在籍確認の審査においても重要な役割をします!
勤務先名の表記がある「源泉徴収票」もしくは「給与明細書」が大事です。

在籍確認の審査は、申込みの際に申請された勤務先を確かめる審査になります。その主な方法としては電話連絡があります。ですが職場の事情など、勤務先への連絡が困るという方は電話連絡なしを希望されます。周囲に知られないでキャッシングをしたいという方は少なくないです。その代替案として勤務先名の表記してある収入証明書類の提出が有効になります。