消費者金融の審査基準って職業によって異なる?

 
消費者金融の審査と職業の関連性について調査しました。
例え高額な年収でも、職業や雇用形態が要因となって審査に落ちるケースが消費者金融にはあります。

通常の消費者金融の審査では、職業差別などといったものはありませんが、実際の審査では、評価が決して高くない職業というものがあります。

 

更に、勤務先の雇用携帯にも同じことが言え、消費者金融の審査では雇用形態もよく見られています。

 

何故かというと、消費者金融の審査は収入の安定性に重きを置いている為、雇用形態によっては収入が不安定だと判断されることがあるのです。

 

消費者金融の審査で低い評価になる可能性がある職業。先ほど述べた通り、消費者金融の審査において、職業差別というものはありません。

 

就いている職業が理由で審査に落ちるということはありません。

 

しかし、一般的に離職率が高いと言われている職業との場合、消費者金融でも審査の評価に影響がないとは一概に言えません。

 

例えば、水商売のスタッフやパチンコ店の店員などは、消費者金融の審査においても慎重な決断が下されるようです。

 

それだけでなく、トラック運転手や、タクシードライバーなども同じように消費者金融の審査では、評価が異なってくる傾向にあるようです。

 

このような職業の人たちは、収入が高くても安定した収入が毎月あるわけではないので、不安定な職業だと判断されているのです。

 

こうした職業に就いているというだけで、消費者金融の審査に落ちるということは無いのですが、マイナスな評価に繋がる可能性があるということは知っておくといいですね。

 

職業によって低い評価になる理由。

消費者金融の審査で重視されるのが返済能力ですが、その審査対象となるのが、安定した収入と連絡の取りやすさです。

 

消費者金融で借入を申し込む際の条件に、毎月の安定した収入があることがとても重要ですが、これは毎月の収入から返済をしていくことになるからです。

 

更に、返済を滞納した場合の連絡が取りやすいかどうかも返済能力を問う上で注目されます。日中・夜間に限らず連絡が取りにくい就業形態の方の場合、消費者金融側としては不安材料の一つとなってしまいます。

 

とはいっても、こうした職業の方でも勤続年数が長ければ信用度も高くなり、必ず審査に不利な立場になるとは限りません。

 

勤続年数は審査ではとても重要になります。同じ職場で長く働いているということは、今の職場を簡単に辞めることになったりはしませんので、毎月の給与が必ず入ってくる状態が今後も何年でも続くと判断されるので、お金を貸す側としてはとても信頼できる方といえます。

 

勤続年数が長いと、はじめから低金利での借入れが約束される場合があるというのも大きな特徴です。
いくつかの審査の内容にもよりますが、勤続年数が15年以上、20年以上であれば信頼性はかなり高くなります。例え年収が低い方でも契約初回から総量規制の範囲内で制限いっぱいまで借入れも可能です。さらには金利を低めの設定で借入れが可能になる場合があります。金利に関してはなかなか低くなることはなく、何度か借り入れと返済を繰り返して信用を得られないと変わるものではありません。