低金利で消費者金融でお金を借りる方法とは?

 
便利な消費者金融を低金利で利用したいと思うのは誰でも同じですが、実際には無理だとあきらめる人が多いのではないでしょうか。
しかし、大手消費者金融では新規のお客様に限り30日間の無利息期間のサービスがあるため、計画的な利用をすることで実質金利を下げることが可能です。

・ 消費者金融の金利は年利18%程度ですが、2か月間で全額返済できれば、実質金利は9%に下がります。もちろん無利息期間で完済すれば実質金利は0%、文字通りの無利息借入が実現できます。一括で返済すれば金利はゼロ円なので借りた額のまま返せばよいわけです。

 

・ しかし、多くの消費者金融では契約日の翌日から無利息期間がスタートしてしまうため、即日融資をする場合は別として、多少なりとも無駄が生じます。つまり、30日間の無利息期間をフル活用できません。

 

この問題をクリアしたのがプロミスです。
・ プロミスは、無利息期間のスタートを契約完了直後ではなく最初の借入日の翌日としています。そのため、自分の借りたいタイミングで後から借りても、30日間の無利息期間をフル活用することができる事になります。消費者金融に契約する方の中には、保険として契約する方もいらっしゃいます。すぐにお金が必要でなくても、イザという時のためにいつでも借りれる消費者金融があるというのは心強いですね。やはり30日間無利息はきっちり30日間フルで金利ゼロが望ましいですね。

 

・ 無利息期間の活用方法として、クレジットカードの支払日に借りることが挙げられます。無利息で1か月借りることで、事実上支払期日を引き延ばすことができるのです。

 

・ プロミスであれば、余裕をもって申し込むことで、即日融資によるリスクを回避することができます。即日融資は、審査に落ちたり手続に時間がかかるリスクを排除できないのです。

 

・ プロミスなら、クレジットカード決済日の1週間程度前に申し込み、審査に通ってから決済日に自分の決済口座へ振込させればいいのです。

 

・ 実質的に低金利でお金を借りることで、自分の負担を減らすことができるだけではなく、プロミスは自分の口座に振込を依頼することもできるため手間も省けます。

大手消費者金融の中でプロミスはお勧めです。
 

低金利での銀行カードローンと消費者金融との差は?

 
以前に比べて消費者金融も低金利になってきました。

さらには最近でもアコムなどは金利の一部が変更になっています。要するに現状においてもお客様がお得に利用できるようにサービスを改善していると言えるのではないでしょうか。

 

特に大手の消費者金融3社であるアコム・プロミス・モビットはサービスだけでなく金利も充実しています。
消費者金融 アコム プロミス モビット
金利 3.0%〜18.0% 4.5%〜17.8% 3.0%〜18.0%
どちらの消費者金融も金利の幅がありますが、はじめて利用される方はほとんどの場合、少ない数字側ではなくて大きい額の方です。ただ、勤続年数のかなり長い方の場合は最初からでも少し低めの設定で借入れが可能です。