転職したばかりでもカードローン審査は通る方法はある?

 

転職したばかりではカードローン審査に通らないのは周知の事実かと思います。

 

勤務先を転職したばかりとなると勤続年数が極端に短いことになります。勤続年数は審査の重要なポイントになります。長く同じ職場にいるということは安定した収入であることを意味します。

 

では、転職したばかりでもカードローン審査に通る方法が無いのか解説していきます。

 

・そもそもなぜ転職したばかりは不利なのか

カードローン審査は何故転職したばかりでは不利になるのでしょうか。

 

カードローン審査の申し込みをした時、転職したばかりの場合は勤続年数の項目が1年未満になります。

 

カードローン審査はスコアリング審査を行っており、勤続年数の項目が1年未満だととても低い点数しか割り当てられません。

 

転職したばかりだから審査に通らないのではなく、転職したばかりはスコアリング点数が低いので審査に通りにくいのです。

 

・他の項目でカバー

スコアリング審査は勤続年数だけでなく、会社の規模、居住年数、家族体系、年収など様々な要素で点数化されます。

 

転職したばかりで勤続年数が低評価でも、他の項目でカバーすることは十分に可能なわけです。

 

・年収が上がる場合はその旨も伝える

転職をすると年収が上がる場合があります。

 

また非正規雇用から正規雇用へと昇格することもあるでしょう。

 

年収は去年ベースで申告することになりますが、転職後の年収は口頭でもいいので担当者に伝えるといいでしょう。

 

プラス材料として評価してくれる事があります。

 

転職したばかりでは中々審査に通りませんが、しっかりとした職であれば審査通過する事もあります。

 

大手消費者金融より中小消費者金融の方が審査に融通を利かせてくれますので、色々な消費者金融にも目を向け上手に審査に通過してください。