借金の苦しみは返済方法で変わる!返済の負担軽減5つの方法

 

借金に苦しんでいるという方は、その多くが返済方法があまりわかっていない可能性があります。

 

借金の返済負担は工夫をすれば、苦しくなくなるのです。

 

返済負担を降らす、5つの方法について紹介しましょう

 

・返し方@返済期間を長くして月々の負担を減らす

返済期間を長期化すればもちろん月々の返済負担は軽くなります。

 

まずは返済期間を改める事から始めましょう。

 

・返し方A借入先をまとめる負担減

借金は借入先によって最低返済金額が決まっており、その金額は借入総額が少額になる程割合は大きくなります。

 

5社から200万円借りているより、1社から200万円にまとめた方が月の返済金額は下がるのです。

 

借入先の一本化、おまとめから目指してください。

 

・返し方B借り換えで金利を下げる

毎月の返済は、元本返済+金利返済で決まっています。

 

金利を下げればその分、元本返済が楽になります。

 

借り換えできないかチャレンジしてみましょう。

 

・返し方C短期集中で繰り上げ返済

借金は元本金額に金利が掛け合わされ、コストが算出されます。

 

毎月の返済額を多くして、元本返済を進めるほど、後の返済は楽になるのです。

 

『売れるものは全て売る。』『短期バイトでダブルワークする』など駆使し、半年間で残高を半分くらいに返済すれば、その後の返済は一気に楽になります。

 

共働きをしてもらうなど、家族の協力を得られればより効果的です。

 

・返し方D法律家に相談

どうしようもなくなったら法律家に相談し、自己破産か任意整理をしましょう。

 

ただし信用情報は汚れてしまいますので、最後の最後の手段として下さい。

 

借金の返済は返し方に工夫が必要です。

 

減らす方法を試してみて、上手に返済を行ってください。

 

・まとめ

お金を借りる時に、返済のことをあまり重視しない方、返済の部分に関しては担当者の説明をよく聞かないまま、いくら借入れができるかばかりを気にしている方。そんな方は借金に苦しみます。

 

お金を借りるということは、その返済も含めてすべて計画しなければなりません。いくら借りて、利息がどれくらいで、そして完済するのにどれくらいの期間がかかってしまうのか。

 

それも含めて把握できている方は、借金をしても上手に利用しているため、苦しむことはありません。