興信所調べで消費者金融でカードローンしてるのバレる?

 

結婚や婚約、または就職で、一昔前では身元調査が普通に行われていました。

 

興信所を使って、消費者金融でカードローンの利用、つまり借金の有無を調べていたのです。

 

現代では興信所を使っても、『消費者金融でカードローンの利用』はバレません。

 

消費者金融でのカードローンと興信所について解説します。

 

・昔はなぜ興信所は調べられたのか

一昔前は今のように個人情報に関する法律が整備されておらず、知り合いの貸金業者さえいれば情報を引き出すことが可能でした。

 

興信所は色々な情報源を持っており、これらの情報源を使って消費者金融でカードローンの利用有無を調べていたとされています。

 

今は法律が変わり、信用情報機関に私用で情報にアクセスできない仕組みになっているので、このような心配は要りません。

 

・興信所より危険なもの

消費者金融でカードローンの利用バレは興信所を心配する必要はありませんが、身近な人にはバレやすいものです。

 

例えば
@消費者金融のカードが財布に入っていてでバレる

 

A銀行からの引き出しや振込み履歴でバレる

 

B自宅に郵送される利用明細書でバレる
といった3つのケースは興信所より、遥かに危険です。

 

カードレス取引をする、スマホ取引で銀行口座を使わない、利用明細書はすぐ捨てるなどの自衛をしましょう。

 

消費者金融でカードローン利用バレは興信所を心配する必要はありません。

 

身近な人にバレないよう、常日頃から利用に注意を払ってください。