生協ローンが消費者金融並の貸付事業を拡大な理由

 

食料品のお買い物に便利なのが、日本生活協同組合連合会(生協)です。

 

全国に多くの店舗があるため、幅広い地域の方で生協を利用できます。

 

生協ローンとしては、まだあまり知られていないかもしれませんが、生協では消費者向け貸付事業を拡大しており、ローンを組めるようになりました。

 

今回は生協のローンについて、紹介していきます。

 

○信用生協

生活資金を借りたい時に便利なのが信用生協です。

 

信用生協のサポートローンでは、生活改善や債務整理資金に使えます。

 

固定金利で年9.8%となっており、消費者金融のキャッシングより金利が低いです。

 

他にも車の購入資金に使えるオートローン、教育資金に使える教育ローンなどを用意しています。

 

ただし、申し込みは岩手県と青森県に居住している方、勤務している方に限られる点には注意して下さい。

 

○大学生協ローン

運転免許の取得費用、海外旅行の費用などを借りたい学生さんに便利なのが大学生協ローンです。

 

年齢18歳以上、大学生協の組合員であれば、申し込みできます。

 

ただし、学生さんが申し込みする場合は、親権者(両親)のサインと捺印が必要という点には注意して下さい。

 

両親にお金を借りたいことを説明し、きちんと同意を得ることが必要です。

 

○生協組合員融資制度

中央労働金庫と生協との連携により、提供されているのが生協組合員融資制度です。

 

生協組合員融資制度を利用できる生協の組合員、生計が同じ家族の方が申し込みできます。

 

住宅ローン、無担保ローン、カードローンなどのローン商品があります。

 

ただし、関東中心に居住している方、勤務している方が対象です。

 

○まとめ

今回は生協のローンについて紹介してきました。

 

生協のローンによって、申し込みできる方が変わります。

 

申し込みできる生協のローン、目的に合った生協のローンを選んで申し込みして下さい。