安定・不安定でキャッシング審査に職業は影響する?

 

キャッシングへ申込みすると、審査時に職業の申告が求められます。

 

職業が審査に影響する基準としては安定しているか不安定かというところでしょうか。

 

安定・不安定でキャッシング審査に職業はどう影響するのか、気になるという方は多いと思います。

 

○ 安定した職業ほど審査が有利になる

キャッシングからお金を借りた後は、毎月返済していきます。

 

毎月滞りなく返済を続けるには安定した余裕のある収入が必要です。

 

そのため、安定した職業ほどキャッシングの審査が有利になります。

 

たとえば公務員や企業の正社員など、いわゆる正規雇用の職種です。

 

さらには高収入を得やすい医師や弁護士、税理士などの士業もキャッシングの審査が有利になりやすいです。

 

もっとも、それくらい高収入の方はキャッシングなど利用しないと思われますが、それくらい信頼度が高いと消費者金融だけでなく銀行でのローンも問題なく有利でしょう。

 

○ 不安定な職業ほど審査が不利になる

逆にキャッシングの審査は不安定な職業ほど不利になります。

 

たとえばフリーターといった職業であり、非正規雇用の部類でもさらに不安定な職業でしょう。

 

フリーターは収入が少ないうえに不安定になりやすい傾向がありますし、すぐにアルバイトを辞めてしまう可能性もあると判断されています。

 

○ 収入が少なくても安定していれば大丈夫

正社員と比べるとアルバイト・パートのほうが収入は低くなりやすいです。

 

しかし、収入が少なくても良いため、安定していればキャッシングの審査に通ることがあります。

 

ただし、低すぎる年収ではキャッシング審査が不利になる点には注意してください。

 

ほかにも注意したいのが貸付条件です。

 

低金利のキャッシングでは年収○○円以上、勤続年数○年以上といった貸付条件を付けていることがありますよ。

 

キャッシングやローンの審査において、実は勤続年数はとても重要な基準になります。

 

非正規雇用の職種であっても、勤続年数が長いと審査にとても有利と判断されます。

 

さらに正規雇用の職種で勤続年数がとても長い方は、審査に有利なだけでなく、契約時から借入れ可能額が高額だったり、通常よりも金利を低く設定されていたり、在籍確認の電話連絡が何も言わないでも免除になっていたりと、待遇が違います。

 

○ まとめ

キャッシングの審査は職業によって有利になる、不利になることがあります。

 

無職だとキャッシングの審査通過は期待できません。

 

無職の方はアルバイト・パートなどで働いて、収入が安定し始めてからキャッシングへ申込みすると良いでしょう。